電子タバコがアツい。紙タバコと比べると害も少なく見た目もオシャレでカッコいいぞ!

この記事では電子たばこについて紹介していきたいと思います。

電子たばことは??

電気を熱に変換しその熱でリキッドと呼ばれる液体を加熱、その際に発生する水蒸気を吸うことで紙たばこと同じように煙を吸って吐くという行為を味わえます。

物によってはありえない程の爆煙を生み出すことも可能に…?

リキッドにはそれぞれ香料等が足されているので、リキッドによってフルーツ系、ジュース系といったフレーバーが味わえたり、カフェインやメンソールが入ったものなどをあり幅広い味・フレーバーを楽しむことができます。

(※今回は最近流行りのアイコスやプルームテック、グローといったものではなくリキッドを使った電子たばこについて紹介していこうと思います)

電子タバコがアツい!紙タバコと比べると害も少なく見た目もオシャレでカッコいい!

(リンクを張っているのですが個人的にはAmazonより楽天のほうがリキッドのおまけが付いてくるなどの特典が豊富でお得だと感じました)

小さくても爆煙?紙タバコとほぼ同じ大きさの電子たばこマール

マールの特徴はこの

f:id:kita0909:20170722032325j:plain

紙たばことほぼ同サイズであることでしょうか。

小さいことの利点は持ち運びがしやすく、外で吸っていても目立たないというのはいいですね。(僕自身も大きめの電子たばこを外で吸うと目立つのでどうしても遠慮してしまいます)

またケースに入れて充電し、持ち運ぶので取り出す際もオシャレ感がありますね。

マールは電子たばこ本体が元から2本付属しているので片方を吸っている際は片方を充電できるというスタイルができ、連続で吸いたい時も重宝しますね。

小さいので煙の量が少ないのではないか?という点が気になりましたが、様々なショップのレビューやこちらのレビュー動画

www.youtube.com

を見る限り煙の量に関してはそこまで心配要らないようです。

  • タバコとほぼ同サイズでオシャレ
  • ケースに入れて充電し持ち運べる
  • 小さいが煙の量も十分満足
  • 2本セットなので片方吸いながら片方充電できる

前モデルのEMILI

一応ですが、前モデルのEMILIも紹介しておきます。

マールと同じくたばこサイズでコンパクトではありますが、煙の量はマールの方が上のようです。ケースのサイズからもマールのケースのほうがコンパクトですね。

初心者の方にオススメ!Joyetech eGo AIO

コストパフォーマン重視で選ぶならこのJoyetech eGo AIOがオススメです。

価格はこちらのスモトク powered by CIGAで確認したところ3980円(2017年7月現在確認)と非常にお財布に優しいですね。

スタンダードなデザインとコスパの良さから入門機としてオススメの一品は間違い無し。前述のマールと比べてしまうと大きいですが、それでも手のひらサイズなので持ち運びも困ることはないでしょう!

  • コストパフォーマンスが良い
  • デザインもスタンダード・かつ豊富
  • コンパクトで持ち運びに◎
  • 入門機としては最適か

温度管理が可能!?Eleaf iStick Pico Kit

MODと呼ばれるタイプのもの。MODといえばゲームなんかで聞き覚えもあるかと思いますがいわゆるカスタマイズが可能ということ。

前述のEMILIやJoyetech eGo AIOは既製品でカスタマイズ不可。つまり煙の量を増やす・減らすといった機能の追加や、自分好みのデザインに変えたりすることはできません。

MODであればそういったこをも可能になってくるので、より深く楽しみたいという方にはオススメです。

カスタマイズが可能ということで初心者には不向きじゃないか?

と思われますが、初心者向けのスターターキットも販売されていますしそこまでハードルは高くないと感じます。

またEleaf iStick Picoは特徴として温度管理機能というものがありリキッドやバッテリーを節約してくれます。温度管理に関しては他にも細かい機能はあるのですが、長くなりそうなので省きます。

詳しく知りたいかたはこちらがとても参考になります。

www.youtube.com

(こちらの方の動画はとても分かりやすく商品紹介されいるのでとてもありがたいです)

  • MOD、カスタマイズ可能で自分好みの一品を作ることができる
  • スターターキットもあるので初心者でも使うことができる
  • 温度管理機能があり、バッテリーやリキッドの節約にもなる
  • 見た目も手のひらサイズ、デザイン性も◎

カラバリ豊富なKamry X8j

このKamryのX8jは最新モデルで、X6とX7という前モデルもあります。デザイン自体は前モデルとあまり変わりません。

前モデルと大きく変わったのは、コイルが変わり煙の量が増えたこと。10段階の煙調節の機能が追加されたこと。バッテリー残量の表示機能が追加されたことは大きな変更でしょう。

個人的にはVAPE、電子たばこといえばこのデザインが最初に浮かぶほど馴染んでいます。

カラバリが豊富なのもイイですね。

  • カラーバリエーションがが豊富
  • 煙の量が調節可能に
  • バッテリー残量の表示もされる

もし購入するなら

今まで紹介した商品を全て網羅しているのがこのスモトクだ。

2017年7月現在、電子タバコを購入した際にリキッドを10本プレゼントしてくれるキャンペーンも実施している。

そして何より安心なのが、レビュー件数の多さだ。レビュー数は多く、評価も軒並み高いので安心して購入できるサイトだと思う。

ぜひ購入の際のショップ選びの候補に入れると良いのではないだろうか?

以上電子たばこ紹介記事でした!